杉並獣医師会
杉並区獣医師会image
HOMEお知らせ夜間診療ネットワーク動物病院マップ基礎講座動物通信
 

HOME > 動物通信 > 知っていますか?ペットのいろいろなルール

動物通信

知っていますか?ペットのいろいろなル−ル

間違っていませんか?あなたの飼い方
人と動物が健康で、楽しく、安心して、暮らすために

【こんなにあるよ 犬について守らなければいけないこと】

 犬にも戸籍があるの?


犬も人と同じように、家族の一員になったら生後3ヵ月以上の犬は毎年一回(4月切り替え)保健所か出張所か区役所で登録しなければなりません。
引っ越したり犬がいなくなったときも、手続きをしてください。

 狂犬病予防注射は、いくつになったらするの?

生後3ヵ月になったら毎年一回狂犬病予防注射をうけさせなければいけません。
狂犬病は日本では最近は発生していませんが、海外ではまだ多くの国で発生しています。獣医師の注射をした証明書を持って保健所か出張所か区役所で注射済票をもらってください。(4月切り替え)

 放して飼っていいの?

放し飼いは、人に跳びかかったり・ケンカをしたりイタズラをしたりして他人に迷惑をかけます。訓練しておとなしいと思っても嫌いな人もいますし、思わぬ事故を起こすこともありますので、放し飼いは絶対してはいけません。綱等でつなぐか、オリや柵の中で飼いましょう。


 人をかんだらどうすればいいの?

すぐに保健所に知らせてください。そして、48時間以内に獣医師に狂犬病かどうか調べてもっらてください。 かまれた人は、必ず外科で治療をしてください。  

【守っていますか?散歩のマナ−】

 散歩のときにはどんなことを注意すれば良いの?

犬は、散歩を楽しみにしています。毎日二回ぐらい外につれてってあげましょう。
散歩は、犬を押さえられる人が連れていき、引き綱から犬を放してはいけません。
フンは必ず家に持ち帰って後始末してください。
人に迷惑をかけたり・町を汚さないように、散歩のマナ−を守りましょう。

【知っていますか・・・】

 迷い犬を保護したときは?

飼い主が探しているので、保健所・交番・動物管理事務所へ迷い犬の特徴を連絡してください。鑑札と注射済票をつけていれば、番号からすぐに飼い主がわかりますし、迷い犬を預かれない場合は動物管理事務所が引き取ります。

● 家出した場合は?

保健所・交番・動物管理事務所に保護の連絡がありますし、動物管理事務所に保護されることもあります。家出したら、保健所・交番・動物管理事務所へ問合せてください。
もし見つかった場合はすぐに引き取ってください。問合せた所にも見つかった連絡を忘れずにしましょう。
首輪に鑑札をつけていればすぐに飼い主がわかりますので必ずつけておいて下さい。
動物管理事務所で保護されている場合は、保健所で必要な書類をもらって引き取りにいきましょう。近くの動物病院でも分かることがあります。

● 外国に連れていくにはどうするの?

国によって必要な手続きが違います。大使館・動物検疫所に問合せてください。

 乗り物に乗せるときは?

電車やバスでは、ケ−ジに入れ手荷物料金を駅で支払えば乗せてもらえます。飛行機の場合は、各航空会社で違うことがありますので、相談してください。

 飼えなくなった場合どうするの?

新しい飼い主を見つけてください。どうしても見つからない場合でも、放したり捨てたりしてはいけません。野良犬になったり、人にいじめられたりして不幸な一生を過ごしてしまいます。捨てたりすると法律違反になります。

 怪我した犬や猫を見つけた時

犬・猫・アヒル・ウサギ・ニワトリの5種類に限り、公園や道路で怪我・病気をして動けない場合は、動物管理事務所で保護します。
怪我している動物を扱うときは、特に注意してください。

【猫の場合には】

 猫を飼うのに何か決まりがありますか?

日本では、犬のように狂犬病予防法による登録・狂犬病予防注射などの規制はありませんが、これは国によって違うようです。また「つないで飼う」などの決まりもありません。トイレをきちんとしつけたり、むやみに放して飼わないようにし、鳴き声やフンで迷惑をかけないようにしましょう。

 子猫を捨てないで

保健所などに、「子猫を捨てられたので引き取ってほしい」とよく問合せがあります。捨てられた人も迷惑ですし、捨てられた子猫は育つことなく死んでしまうのがほとんどです。この様なことを防ぐためにも、子猫を生ませたくない人は猫の去勢・不妊手術をうけさせましょう。

 公園は猫のたまり場ですか?

猫は、犬などと違って本来群れを作りません。猫好きの人がかわいそうと思って、エサをやっている所に集まるようです。そこに集まっている猫は引っ越しなどで捨てられた猫や野良猫などがほとんどです。猫が一か所に集まり、フン・食べ残し・鳴き声で迷惑を受ける人も沢山います。

猫を飼う場合は、飼いはじめたら最後まで責任を持ち、餌だけをあげるような飼い方はやめてください。また、放して飼っているとケンカで怪我をしたり、病気をもらったりしますから、外へ出さないようにして飼いましょう。

その他の動物たちは・・・

動物たちをかわいがりましょう
テレビや新聞をにぎわせた「矢ガモ」事件を覚えてますか?どう思いましたか?

動物も人間と同じに、痛みや・感情があります。ですから、動物を飼育したりする時には、動物の習性をよく考えて動物たちが楽しく快適に暮らせるようにしてあげましょう。
特に野性動物などは、環境の変化に敏感で神経質ですから、捕まえて飼うようなことをせずに、彼らを脅かさないように静かに観察するようにしましょう。
可愛い時だけ飼って、大きくなると捨ててしまうようなことをしてはいけません。また、傷つけて遊ぶようなことをしてもいけません。法律で罰せられます。動物をよく理解して可愛がりましょう。

 マンションやアパ−トで犬や猫を飼っていいの?

いますんでいる集合住宅の管理規約や契約条件を調べたり、管理人さんや管理組合に問合せて調べてください。もし飼えることが分かれば、周りの人の理解を良く得て、迷惑をかけないように飼いましょう。
しつけをして、鳴き声や臭気等に気をつけましょう。共用の場所では、抱くなどして
跳びついたりオシッコをしないように気をつけましょう。テラスでのブラッシングやトイレ等をしないようにしましょう。

集合住宅では、飼い主は特にマナ−に気をつけて周りの人とのトラブルを起こさないようにしましょう。 ペットがみんなの嫌われ者にならないように。

 ペットでも許可が必要な種類はいますか?

ライオンが街の中を歩いていたら怖いですよね!
ライオン・オオカミや毒を持っていて人に危害を与えるおそれのある危険な動物を特定動物といい許可を受けなければいけません。最近、手間がかからないと流行しているハ虫類の中にもワニ・毒トカゲ・毒ヘビ・錦ヘビなどは、特定動物になっているものもあります。
飼うときは、特定動物か調べてください。もし特定動物ならば、東京都衛生局獣医衛生課で相談してください。  

【ペットに関する法律】

●狂犬病予防法
目  的 狂犬病の発生、まんえんを防ぐための法律です。
登  録 生後91日以上の犬を飼い始めたら、30日以内に※区市町村役場で登録しなければなりません。一生登録になります。
予防注射 狂犬病予防注射も飼い始めてから30日以内に獣医師で受け、注射済証明書を※保健所で提示し注射済票を交付してもらってください。その後は毎年1回4〜6月に注射を受けてください。
〇鑑札・注射済票は、必ず犬につけておいて下さい。
杉並区では、保健所・保健センター・出張所・保健衛生部でできます。

●動物保護及び管理に関する法律
目  的 動物の保護と管理についてさだめ、動物の愛護精神の普及と動物による危害の防止を図るための法律です。
基本原則 動物をみだりに殺したり、傷つけたり、苦しめることなく、動物の習性を考えて適性に取り扱わなければなりません
繁殖制限 犬や猫の繁殖を希望しない飼い主は、不妊・去勢手術を行なうように努めなければなりません。
罰  則 犬や猫などの動物を虐待したり、捨てたものは、罰せられます。

●東京都動物の保護及び管理に関する条例
目  的 動物愛護の精神の普及と動物による危害の防止を図るための条例です。
飼い主の 動物の本能、習性を理解し、えさや水をきちんと与え、清潔を保ち、健康管理義務を心がけ、適度に運動させてやらなければなりません
また、他人に迷惑をかけないようにして、その動物の寿命あるかぎり飼い続けることが飼い主の義務です。
特定動物 人に危害を与えるおそれのある動物(特定動物)を飼う場合は、あらかじめ東京都知事に許可を受けなければなりません。
事  故 飼い犬が人をかんだ場合は、24時間以内に保健所に届け、48時間以内に、 発生時、狂犬病かどうかを獣医師に検診してもらわなければなりません
〇特定動物
ぞう類、くま類、大型・中型以下の猫類、ハイエナ類、おおかみ類、中型以上のさる類、わしたか類、わに類、毒とかげ類、へび類、(毒へび類、にしきへび類)

【犬猫の欲しい方】
東京都では、動物の愛護思想の普及のために、犬・猫を欲しい方へ差し上げています。
希望する方は、動物愛護センタ−へ申し込んでください。

【ペットの死体の処理】
ペットの死体の処理は、地域を管轄している清掃事務所か、民間のペット霊園で行っています。
また、公道放置されている動物の死体の処理は、その道路管理者が行っています。

関係機関連絡先:

杉並保健所 03-3391-1991
動物管理事務所03-3302-3507
杉並清掃事務所03-3392-7281
動物愛護相談センタ−03-3302-3567
東京都衛生局生活環境部獣医衛生課03-5320-4412
動物検疫所  
・成田支所第一タ−ミナル0476-32-6664
・成田支所第ニタ−ミナル0476-34-2342



HOME | お知らせ | 夜間診療ネットワーク | 動物病院マップ | 基礎講座 | 動物通信