杉並獣医師会
杉並区獣医師会image
HOMEお知らせ夜間診療ネットワーク動物病院マップ基礎講座動物通信
 

HOME > 基礎講座

基礎講座

フィラリア症

安心してください。獣医師とあなたで犬フィラリア症は予防できます。

春の血液検査と毎月1回の予防薬で予防可能

 なぜ犬フィラリア症が怖いの?

フィラリアは、寄生虫の名前です。英語ではハートワーム。心臓糸状虫(犬糸状虫)を意味します。この虫が蚊の媒介によって心臓に住みつき、様々な障害をおこします、長期間心臓に寄生して血液の循環を悪くし、肝臓、腎臓、肺など多くの臓器に異常をきたします。特に小型犬では少数寄生でも重い障害を起こす怖い病気です。犬たちの死因のトップがこの犬フィラリア症です。


 毎日の様子、ひとつでも思い当たったら犬フィラリア症に要注意

心臓をはじめ、多くの内臓が障害をきたすので犬フィラリア症の症状は様々ですが、比較的飼い主が気がつきやすいものには・・・・・
・食欲がなくなる
・散歩に行きたがらない
・ゼーゼーした咳をする
・体重が減少する
・運動後に失神して倒れる  などがあります。
        
そのほかに
・呼吸が速くなる
・口・粘膜などに赤みがない(貧血)
・腹囲が大きくなってきた(腹水)
・尿が赤ブドウ酒のように赤みを帯びる(血色素尿) という症状もみられます。


夏を越した回数による感染率

蚊はこのように潜入し感染が広がります

犬フィラリア症は犬から犬に直接感染するのではありません。犬フィラリア症にかかっている犬の血液を吸った蚊に刺されることから感染していきます。室内で飼われている犬でも朝夕の散歩で蚊に刺されれば、フィラリアが感染し、成虫が心臓に住みつきます。



フィラリア寄生がしていないか血液検査でわかります

フィラリアは、蚊が媒介するので夏を越すたびに感染率が高くなります。血液を調べて寄生しているかどうかをチェックすることが大切です。寄生の確認には、血液の子虫検査と免疫診断によって行われます。また症状、胸部X線検査なども診断に重要です。


 犬フィラリア症の予防法があります

残念ながらフィラリアの感染を予防できるワクチンはありません。愛犬を守るベストの対策は予防薬を与えることです。
この予防法は、蚊から感染した幼虫を心臓にたどりつくまでに、完全に殺してしまうのです。このため1ヶ月に1回の投薬で確実に予防できる安全な方法です。

フィラリアの発育環
心臓に寄生している犬糸状虫の成虫

 

感染犬を吸血→感染子虫→吸血→心臓に移動→成虫

感染犬を蚊が吸血 フィラリアにかかっている犬の血液中には、0.3mm位の子虫(ミクロフィラリア)がいて、蚊が血液を吸うときに、蚊の体内に入ります。



感染子虫子虫は、蚊の体内で感染能力のある感染子虫に発育します。
吸血感染子虫を持った蚊が吸血するとき、幼虫が皮膚から浸入し感染します。約3ヶ月間、皮下や筋肉で成長を続けます(感染子虫)。
心臓に移動成長を続けながら、心臓や肺動脈にたどりつきます。
成虫約3ヶ月たつと成虫となり、子虫を生みだします。


予防(投薬)する期間が大事です

予防薬の投与は、蚊からの感染が始まって1ヶ月後から感染が終わって1ヶ月後までの期間を、1ヶ月間隔で行う必要があります。



※この記事は犬フィラリア症予防普及会と日本小動物獣医師会が作成したパンフレットを元に作成いたしました。



                             

HOME | お知らせ | 夜間診療ネットワーク | 動物病院マップ | 基礎講座 | 動物通信